ホーム-施術の流れ

・お迎え

画像サンプル

ご予約時間の少し前にお越しください。入口のドアは自動ではありませんので、右にスライドして開けてお入りください。

施術中ですと写真のようなお迎えができませんので、靴を脱いで椅子に座ってお時間までお待ちください。

ダイソンの温風&扇風機が足元にありますので冬場は温風、夏場は扇風機でお使い下さい。待合室にはウォーターサーバー、のど飴がありますのでご自由にどうぞ。

・カウンセリング票記入

画像サンプル

待合室で会員登録用紙とカウンセリング用紙にご記入いただきます。直接のカウンセリングで詳しくお聞きしますが、ここでは簡単なご質問にお答えいただきます。

なお、会員登録用紙にはお名前、生年月日、ご住所、ご連絡先お電話番号を全てご記入いただきます。ご記入できない方は施術をお断りする場合があります。
(お客様の個人情報は当院が責任を持って管理いたします)

・更衣室

画像サンプル

少々狭いですが更衣室とロッカーがありますのでお荷物、ポケットに入れている物を置いていただきます。時計、ブレスレット、ネックレス等も外してください(指輪、ピアスまでは結構です)。

ボディースーツ、腰まであるストッキングは脱いでいただく場合がありますのでよろしくお願いいたします。

ロッカーには鍵は付けていませんが、お一人づつ順番に入るので安心してください。

・カウンセリング

画像サンプル

まずはお体の状況をしっかりと時間をかけて詳しくお聞きして、内容を管理用紙に記入し施術の参考にします。

術前のカウンセリングだけでも、お悩みの原因がどこにあるかの決定に役立つ場合もありますので慎重に行います。

毎回の施術記録も残して置きますので、久しぶりに来院された場合でも記録が残っていますので大丈夫です。

・検査

画像サンプル

カウンセリングを元にして、悩んでいらっしゃるお体の状況を色々と検査して行きます。

背骨、関節の状態、筋肉の状態などを、整形外科的な検査法や、整体的視点からの検査、東洋医学的な視点からの検査など、この後に行う施術の参考にしますのでしっかりと確実に調べます。

加えて、当院オリジナルのAFD検査法(アーム・フィンガー・ダウジング)にてさらに細かく深く検査をして行きます。

・術前の説明

画像サンプル

当院の特徴として、検査をした後にすぐに施術に入らず、カウンセリング、検査、そして長年の経験則から、現在のお体の状態と、これから行う施術の理由説明などを行います。

特に施術3本柱である「背骨の中心軸を整える」「内蔵を元気にする」「悪い現場の滞りを解消する」を詳しくご説明します。

「納得して受けていただく」ことが大切です。

・施術

画像サンプル

いよいよ施術に入って行きます。施術を受ける姿勢はうつ伏せ、仰向け、横向き、場合によっては座位、立位など色々な角度から行います。

ひとつひとつ「何をこれからするのか」を説明しながら行って行きますので安心して受けていただけると思います。

写真は施術の一例ですが、腰周辺の滞りを解消している場面です。当院の長年の施術方針に「痛い所、しびれている所、こっている所はまず触る」がありまして、他の場所に原因があるケースもありますが、脳に納得させる意味でも「まず現場」なのです。

・施術

画像サンプル

首、肩、背中や腰などお体の中心部ばかりではなく、手足の関節や膝、肘など全身に及びます。

お体の中心である背骨が手足の末端に影響を及ぼしているケースもあれば、末端の手首、足首周辺が、お体の中心のお悩みである肩こり、腰痛などに影響を及ぼしているケースもあります。

これらも全て事前のAFD検査法(アーム・フィンガー・ダウジング)にて判別します。(写真は施術の一例です)

・術後の説明

画像サンプル

施術終了後には、術前術後の変化度合いの評価を行います。

そして変化の過程予測、施術計画、術後の注意事項などを説明します。

・お会計&次回のご予約

画像サンプル

お会計は毎回術後に行います。ご予約もこの時に取っていただきますが、後からお電話かLINEでのご予約もOKです。