歪み・ズレとは?

【手のひら棒遊び理論】

手のひら棒遊び

誰しも子供の時にホウキやモップなどの長めの棒を
手のひらに立てて、バランスをとって倒れないように
遊んだことがあると思います。

(ここでは「手のひら棒遊び」と言いましょう)

ユラユラ揺れながらも上手にバランスを保っていれば、いつまでも倒れませんでした。それでも何かの拍子にバランスを崩し「残念!」とゲームセット。

私達の健康状態も、この手のひら棒遊びににています。

私達の身体は、高層ビルやタワーのように常に上下左右まっすぐで固定されているものではなく、24時間、横になったり座ったり歩いたり、物を持ったり動かしたりと常に流動的に動いているのです。

この棒遊びのように。

人によって振れ幅がことなりますが、倒れない範囲内でユラユラ揺れながらも棒が保たれている時が「健康」な状態です。

この時の様子をコマ送りの写真に分解した場合、このように写るのではないでしょうか。

手のひら棒遊び2

その1枚1枚だけを摘出してみれば「傾いている」ように見えますね。

これを私達の身体に当てはめて言うなら、部分々歪んで見えたり、ズレているように感じますが、実際はこのように日常、流動的に歪みやズレを起こしながら、バランスを保ちながら、結果的には倒れない状態、つまり健康的な状態を保っています。

ただ、「倒れない範囲内で」です。

しかし何かの拍子、それは

・足を組む
・横座りなどの悪い姿勢の蓄積
・いつもと違うことをした
・長い時間同じ姿勢をしたなどの疲労
・ぶつけた転んだなどの不用意なできごと
・ストレス
・食べすぎ飲みすぎなど

このようなさまざまなことが原因と引き金になり、振れ幅の「倒れない許容範囲」から逸脱して、棒が倒れてしまう時が、当院にお越しいただいたお身体の状態なのです。

私の仕事は、この棒の揺れを、あなたの丁度良い範囲にもどしてあげることと、バランスを上手に保つためのコツを教えることです。

ユラユラ揺れながらも、いつまでも倒れない棒を維持できるようにして行きましょう。


通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
横浜市62%
大和市12%
厚木市4%
藤沢市2%
相模原市2%
横須賀市2%
秦野市1%
海老名市3%
座間市1%
鎌倉市2%
綾瀬市1%
川崎市2%
東京都3%
千葉県2%
静岡県1%
様々なメディアで紹介されています