改善していくパターンのご紹介

「何回ぐらいで楽になるのか?
整体に来院されて気にかかるところのひとつですね。このページではそれに加え「どのような経過をたどって改善に向かって行くのか?」のご説明をします。

25年の施術経験から、施術を開始してから改善されていく過程には5つのパターンがあります。

パターン①
パターン①
毎回、施術を受けるごとに改善して行くパターンで、一番理想とする経過です。ギックリ腰や首の寝違いなど突然襲った痛みや、一ヶ月に満たない腰痛などはこのパターンが多いと思います。
パターン②
パターン②
数回施術してもあまり変わらないが、ある時からグンっと楽になるパターン。「何回か通ったけれど変化がなった」とあきらめてしまうケースですが、自覚的には変わらなくてもお身体の中では確実に変化していることがほとんどです。「腰の痛みは変わらない感じだけれど、前にかがむなどの動作はできるようになっている」こんなケースなどがこれに当てはまり、その後、ある時からグンっと改善される感じがでてきます。

パターン③
パターン③
楽になった!もどったを繰り返しながら、結果的に右肩上がりに改善されてくるパターン。日常生活からの影響が多分に考えられ、波を打つように変化して行きます。「痛みの場所が移る、痛みの広さが変わる、痛みの質が変わる」こんな経過をたどりながら改善されてきます。

パターン④
パターン④
痛みや症状が強くなる、身体がだるくなるなどの来院時より悪くなったような反応が一旦でるパターンです。私達施術家が良く口にする“好転反応”または”瞑眩反応(めいげんはんのう)”で、お身体が楽にな等とするための働きで、全く心配ありませんし、その跳ね返りで右肩上がりで改善されてきます。はっきり言いまして、こればかりは予想ができません。頑強そうな方でも翌日に寝込んでしまうほどの反応がでたり、虚弱な感じの方でも、全くでない場合もあります。

経験上、施術後の注意事項を実践していただくと少なくなるようです。

パターン⑤
パターン⑤
今までのパターン①から④まで、いずれかの経過をたどって改善され、安心して次回の間隔を大幅にあけようとすると症状が一時的に再発したかのようにでるケースもあります。考えられるのは
・より楽になりお身体の状態が次のステージにあがるステップとしての反応
・安心していたが、まだやってはいけない動作や姿勢をしてしまった反応この2点になります。

いずれにしろ、より楽になるための反応なので全く心配ありません。

《番外編》

数ヶ月~数年もの長期にわたる腰痛や坐骨神経痛の場合、自覚症状のたどってきた経過を逆戻りしながら改善されて行くケースがあります。

たとえば、

「当初は腰が痛くて、その後、月日を経てお尻に痛みが移ってきてから坐骨神経痛になった。今は腰は痛くないが足がシビれる」

こんなケースで、数回の施術により坐骨神経痛が軽減したが、お尻や腰に痛みがでてきて、その後腰痛も改善される。

このように、逆戻りしながら改善されることがあります。

通院回数の目安

初回のアンケートとカウンセリング、そして検査と施術により、おおまかな改善までの回数を予想します。

そしてあなたとコミュニケーションを図りながら、目標(ゴール)を決めて、その日から一緒にスタートをするのです。

ですから「次回の予約は強要しません」などの無責任な考えで施術をしていません。

あなたのお身体のことを一緒に考えて、2回目3回目と施術間隔をご提案しています。

以下、回数の目安を掲載しました。

通常の腰の痛み(疲労含む) 3~6回
慢性腰痛(1ヵ月以上続く) 6~12回
産後腰痛 3~6回
ぎっくり腰 3~6回
背中の痛み 1~5回
背骨の曲がり・猫背 6~12回
肩甲骨から肩・首にかけての張り・痛み 3~6回
股関節痛 3~10回
お尻から足にかけての痛み・しびれ(座骨神経痛含む) 5~10回
骨盤矯正 1~3回
頭痛・偏頭痛 6~12回
ストレス性の腰痛 3~12回
自律神経の乱れ(不眠、めまい、動悸、息切れなど) 3~12回
猫背矯正 6~18回
ダイエット 6~18回
定期メンテナンス(オススメ) 3週間から1カ月に1回程度

上記の回数が痛みの緩和を保証するわけではありませんのでご注意ください。

※当院で痛みの緩和を感じない方で3~5回程度で通うのをしなくなり、諦めてしまう方がいます。
3回以上、あるいは5回以上かかる方はその状態がが複数ある場合が考えられます。
ひどい坐骨神経痛や股関節のズレが強い場合や腰の痛みから脚にかけて波及して他の場所へ痛み、痺れが増すなどの場合は、10回、20回以上かかるケースもあります。

通院回数の目安は個人差があり、経年変化等により異なります。
整体の結果を保証するものではありませんのでご注意ください。

当院の統計データ

男女別比率

男女別比率

症状別比率

症状別比率

 

年齢別比率

年齢別比率

地域別比率

年齢別比率

地域別来院割合詳細データ
横浜市 62% 大和市 12%
厚木市 4% 藤沢市 2%
相模原市 2% 横須賀市 2%
秦野市 1% 海老名市 3%
座間市 1% 鎌倉市 2%
綾瀬市 1% 川崎市 2%
東京都 3% 千葉県 2%
静岡県 1%

あなたの体を定期的にメンテンナンスしてください

折角楽になっても日常生活を送っていくと、上記のようなことが日々積み重なってきます。

これを繰り返さないためにも定期的なメンテナンスをオススメしています。

特に1度体を痛めた方は、その原因となった生活習慣やストレスなどを改善しないと同じことを繰り返すことがあります。

*


通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
横浜市62%
大和市12%
厚木市4%
藤沢市2%
相模原市2%
横須賀市2%
秦野市1%
海老名市3%
座間市1%
鎌倉市2%
綾瀬市1%
川崎市2%
東京都3%
千葉県2%
静岡県1%
様々なメディアで紹介されています